日高川のミカン3農家が個人で機能性表示認可取得

 日高川町の温州ミカン農家3人が、消費者庁の「機能性表示食品」制度の認可を取得し、温州ミカンに含まれる「β―クリプトキサンチン」が骨の健康維持に役立つことを表示することが可能になった。生鮮食品分野で個人の届け出が受理されたのは初めて。3人は「個人でも受理されることを示せた。全国のミカン農家のモデルケースになれば」と話している。

 機能性食品制度は特定保健用食品、栄養機能食品に続き2015年から始まった制度。安全性の確保を前提に、科学的根拠に基づいた機能性を証明することで表示許可が出され、商品パッケージに健康効果などを表示できる制度。

 申請したのはインターネット販売をしている松瀬の藏光農園の藏光俊輔さん(39)と若野の森隆農園の森幹也さん(35)、京都や東京などの市場に卸している瀧本農園の瀧本善夫さん(36)の3人で、いずれも日高川町若い農業者部会(藏光代表)のメンバー。

 ミカンが同様の機能性食品の表示を許可されたケースは過去にもあるが、いずれもJAなどの法人で、糖度センサーなど高額な機械を持たない個人では困難とされていた。3人は全国的に若者の果実離れが進む中、個人でも表示許可が出されることを示し、少しでも消費拡大につなげようと申請することを決めた。

 「β―クリプトキサンチン」が一定量含有されていることを証明するためには、相関関係にある糖度が一定数以上であることの証明が必要なため、木の中で最も糖度が低い場所のミカンの糖度を計ったり、実の色見本などを使って一定以上の糖度があることを示し、見事認められた。今後3人の温州ミカンの箱などに「一日に270㌘(3個)を目安に摂取すれば、骨の代謝を高め骨が元気になることが期待される」という表示が可能になった。

 3人は「個人でも大手の企業や法人の農作物と同様のクオリティーであることを認めてもらえた。他の個人でも認められる可能性が高く、全国の農家のモデルになれたのでは」と話している。

写真=左から瀧本さん、森さん、藏光さん

関連記事

フォトニュース

  1. おはよ~さ~ん

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町第3回納涼夏祭り

    8月 25 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る