新時代へ引き継ぐ教訓

 昭和天皇が崩御されたとき、筆者は中学2年生だった。故・小渕恵三官房長官(当時)が「新しい元号は『平成』であります」と色紙を手に発表した映像はいまでも印象に残っている。多感な学生時代、この仕事に就いて約22年、生まれたときの昭和よりも愛着のある平成が終わろうとしている。過ぎてみればあっという間だが、この30年、人生の転換期をいくつも経験した。少し寂しい気持ちにもなるが、新しい元号は何になるのだろうかと楽しみもある。「国の内外、天地とも平和が達成される」という平成に込められた意味からも、元号が変わっても平成であり続けてほしいと願う。

 読売新聞が全国の18歳以上の3000人に行った全国世論調査で、平成を象徴する国内の出来事1位は東日本大震災(平成23年)だった。2位は地下鉄サリン事件など一連のオウム真理教事件(平成7年ごろ)、3位が阪神大震災(平成7年)。筆者が思い浮かべたのもこの3つで、もう一つ加えたいのは、北朝鮮の拉致被害者5人が帰国したこと。いまだ多くの拉致被害者が北朝鮮に残されたままだ。新聞記事等で横田めぐみさんの両親ら家族の思いに触れるたび、新元号を待たずして、一日も早く帰国がかなってほしいと心から思う。

 同じ調査で、社会に与えた影響が大きい変化は、最多の「東日本大震災など大災害」に次いで「スマートフォンの普及」「インターネットなど情報通信技術の進化」が続いた。あふれる情報は恩恵も大きいが、新たな脅威として人の生活を脅かし、犯罪の温床になるケースもある。情報を見極める人間力を養うことが求められている表れでもあろう。新元号へ引き継ぐ教訓の一つにしたい。(片)

関連記事

フォトニュース

  1. 思ったより広いな~

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る