将来の科学者誕生に期待

 日高高校で7日、生徒らを対象にした日高未来塾講演会が開かれ、同校OBで九州大学基幹教育院准教授の岡本剛氏(43)が講演した。岡本准教授は脳科学を研究しており、脳についてのさまざまな興味深い話があった。

 印象的だったのは一般的に言われている不思議な現象や迷信は脳科学で説明できることが多いということだ。意識はあるが体が動かせない「金縛り」、自分の意識が体から離れ自分の体を見下ろすことができるという「幽体離脱」、自分がいま夢の中にいてその夢の展開をコントロールできる「明晰夢(めいせきむ)」。「金縛り」については幽霊的な現象だとよく思われているが、実はこれらの現象はすべて説明でき、実験室で再現することも可能とのことだ。

 さらによく聞く「人間の脳は10%しか使っていない」というのは、昔は脳の90%が解明できなかったために言われただけで実際は10%以上の部分も使っている。右脳派、左脳派と言われるのも関係なく、頭が良くなるというギャバ(GABA)や青魚(DHA)も、成分が血管から出ることがなかったり、出ても神経の膜の材料になる程度だとのこと。さらに「脳トレ」については、「記憶力などの向上には効果がないことが証明されている」ときっぱりと否定。「脳トレ」はよく取材することもあるので、驚かされた。

 ほとんど知識がなかった脳科学の分野だが、楽しく聞け、興味を持った。筆者同様、興味を持った生徒もたくさんいただろうし、そのことこそがこの未来塾講演会の狙いだろう。将来、いまの現役生から脳科学の研究者が誕生し、再び母校で講演する日が来ることを心待ちにしている。(城)

関連記事

フォトニュース

  1. なかなか上手やん

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 第23回日高町ふれあい祭

    11月 16 @ 12:00 AM - 11月 17 @ 12:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る