大切な人を抱きしめて

 先日、田辺市で「シミケン」の愛称で親しまれている元アナウンサー清水健さんの講演会が開かれた。スタイリストだった奈緒さんと結婚したが、妊娠中に乳がんが発覚。出産後に病状が悪化して29歳の若さでこの世を去った。子どもを産んでから112日後で、結婚生活はわずか1年9カ月。おなかの子をあきらめてがんの治療に専念するという選択肢もあったが、夫婦で出した答えは「3人で生きる」ということだった。

 講演のテーマは「大切な人の『想い』とともに…」。奈緒さんへの思いを赤裸々に語り、「あの日があったからいまがある。これからもあの日に正面から向き合って生きていきたい」と述べ、妻を亡くした悲しい経験から「苦しんでいる人を1人でも減らし、笑顔の人を1人でも増やしたい。少しでもその手助けができれば」と訴えた。

 「大切な人」とはどんな人か。いろんな考えがあるかもしれないが、単に仲がいいというだけではないだろう。好きとか嫌いとかという感情だけでなく、強い絆で結ばれているような関係もそうだろう。けんかすることが多い間柄でも大切な人は存在する。

 どんな人でも寿命に限りがある。失ってから大切な人だったと気付くというのでは寂しい。時間を過去に巻き戻すことはできない。大切な人に対してできることは手を抜かず、感謝の気持ちを伝えよう。講演では「大切な人をギュッと抱きしめて下さい」と呼びかけていた。同感である。

 ただ、長年寄り添った夫婦の場合、「どうしたん? ちょっと体の具合が悪いちゃう?」とさめた言葉で返されてしまうかも分からないが、決してめげないことも大切かも…。(雄)

関連記事

フォトニュース

  1. それっ!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る