創刊90周年を迎えて

 「継続は力なり」。本紙はことし9月13日、創刊90周年を迎えた。筆者が記者として入社した1977年(昭和52年)から41年。振り返れば常に挑戦の日々でもあった。

 当時はライバル社をライバルとも呼べない程の弱小新聞社で、購読者数にも大きな差があった。そんな中、同僚と「ライバル社がやっていない独自の取り組みを」と思い立ち、まず記者自らが新聞の拡張員となって一軒一軒、夜訪に回った。当時も中央紙の拡張員がいて、購読者を獲得することはするのだが、ほとんどが1カ月でやめられていた。しかし記者の拡張分は違った。その記者の新聞に対する思い、本紙のPR点など購読者側が理解してくれての拡張だから、すぐにやめられることはなかった。こうした活動は今も受け継がれているが、当時と違い、たった1部を拡張するのも難しくなっている。

 独自の取り組みといえば、選挙の時もそうだった。地方選挙の場合、翌日は中央紙が休刊で配達員が配ってくれないことがあった。そんな時、当時の編集長(現本社会長)が「それなら自分たちで配ろう」と、選挙のあった地域に限り、その夜に作った新聞を配達した。朝の早い人が手に取って喜んでくれたのを今も思い出す。

 ことし100周年を迎えた有名企業はパナソニック、象印マホービン、帝人、シチズン時計など。長寿の理由はいろいろあるが、他に真似のできない独自の努力、ニーズを読む先見の明が大きいのではないか。

 本社も今では一定の購読者数を確保し、ようやく一息ついたと思った矢先、今また若者の新聞離れと人口減少という危機に直面している。来年は本紙にとり、100周年へ向かって重要な第一歩となる。素晴らしい一年となることを祈念して、納刊。(高)

関連記事

フォトニュース

  1. 前から失礼いたします

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町第3回納涼夏祭り

    8月 25 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る