優勝すれば30万円

 みなべ町商工会青年部(尾田賢治)等主催のUME―1フェスタin梅の里みなべ「やにこい種とばし」が来年2月10日、上南部中学校体育館で開かれる。今回で3回目。梅の種を口から吹き飛ばして飛距離を競う。最高賞金は30万円。1月20日まで参加者の事前申し込みを受け付けており、「梅の種を飛ばして賞金をゲットしよう」と参加を呼びかけている。

 上南部中学校近くの保健福祉センター周辺で行われる高校生の梅料理コンテスト「グルメ甲子園」と同時開催。特産品の南高梅の梅干しを食べ、口に残った種を口から吹き飛ばしてどれだけ遠くまで飛ばせるかを競う。小学生低学年、同高学年、一般(中学生以上)男性、同女性の計4部門に分かれて行われる。各部門3位まで賞金(賞品)があり、小学生の低学年、高学年ともに商品券が賞品で、1位が2万円分、2位が1万円分、3位が5000円分。一般は男女とも賞金が用意され、1位が30万円、2位が10万円、3位が5万円となっている。参加者全員に町公認記録「認定書」が贈られる。表彰式終了後には、参加者を対象に賞品が当たる大抽選会も開かれる。表彰式、大抽選会に本人が不在の場合は賞金(賞品)、抽選は無効となる。参加費は小学生200円、大人500円。事前申し込みは1500人までで、応募多数の場合は抽選。抽選に外れても当日午前9時から500人程度受け付ける。事前申し込みの希望者は、チラシの裏側にある申込書に必要事項を記入し、官製はがきに張り付けて郵便番号645―0002、和歌山県日高郡みなべ町芝503、みなべ町商工会青年部宛に郵送すること。チラシにあるQRコードや商工会ホームページからも申し込むことができる。詳しくは同商工会℡0739―72―3225。

写真=チラシで種とばしをPR

関連記事

フォトニュース

  1. エビいっぱいとれたで

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る