とびっきりの笑顔募集

 ことしも残すところ1カ月となった。毎年のことながら月日が経つのは早いもので、日高地方の各店でもクリスマスや年末商品が売り出されている。本紙でも通常よりページ数が多い新年号に向け、企画会議が進められている。例年、筆者はクロスワードの製作を行っていたが、ことしは笑顔のコーナーを担当する。

 毎年恒例の企画で、子どもたちの笑顔いっぱいの写真がたくさん送られてきている人気コーナー。笑顔は見ているだけで楽しい気持ちにするほか、さまざまな健康効果が期待されている。笑うことでがん細胞や体内に侵入するウイルスなどを退治しているナチュラルキラー(NK)細胞を活性化し、結果的に免疫力が高まるという。逆に悲しみやストレスなどを受けると、NK細胞の働きは鈍くなり免疫力もダウンするとのこと。さらに免疫は良い物質も攻撃することもあるが、笑いはこの免疫システム全体のバランスを整える効果もあるといわれている。

 このほか笑うことで脳が活性化し記憶力がアップしたり、笑ったときの腹式呼吸により血行促進、自律神経のバランスを整えたり、腹筋を使うことによる筋力アップ、脳内ホルモンの分泌による鎮痛作用など、さまざまなプラスの効果があるとされている。

 応募締め切りは8日。子どもに限らずお年寄りまで誰でも応募可能。投稿は持参か郵送(〒644―0011、御坊市湯川町財部604、日高新報社)、メー(hidakashimpo@gmail.com)、ライン(@weo3107v)で受け付けている。

 紙面を見た人が思わず笑顔になって、新聞で初笑いを迎えられるようなとびっきりの笑顔をお待ちしています。(城)

関連記事

フォトニュース

  1. 今年も咲きました!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る