とにかく確認が大事

 取材中、「スマホのデータが消えちゃったから、山ちゃんから教えて貰ったんだけど、そっちのアドレス…○○○(筆者のメールアドレス)で合ってる?」とメールが入った。2分後、知り合いから忘年会のお誘いメールが届いた。2通のメールを取材が終わってから続けて読んだところ、とんだ勘違いをしてしまった。知り合いのスマホにトラブルがあって、「山ちゃん」に筆者のアドレスを聞いて送信してくれたと誤解。今回のケース、年末で仕事が忙しく欠席させてもらうことになるため、メールでは失礼なのですぐに知り合いに電話。「電話壊れたんですか」と問うと、「何いうてんの? それワシちゃうで」と全く話がかみ合わなかったことから、最初のメールは迷惑メールであると確認できた。

 筆者とその知り合い双方が知っている人に「山ちゃん」と呼べるような人がいる。それに年末の慌ただしさが加わり、騙されそうになったのだ。この迷惑メールに返信すればどうなるのかは分からないが、忙しいときに少しでも時間をとられたことは腹立たしい。

 それなりの容姿、身分の独身の人に「悲しませた異性の人がいますね」と質問する。大方の人は身に覚えがあり、ドキッとする。よく考えると、誰もが思い当たる質問なのだが、あらたまって問いただされると動揺してしまう。「山ちゃん」も、どこにでもありそうな愛称。「当たり前」を狙ってくるあたりも迷惑メールは巧妙だ。

 相手を騙す場合、誤解、錯覚、勘違いなど心の隙が突かれる。騙されないためには、とにかく確認が大事。電話一本だけでも全然違うので、とくに師走は気をつけたい。(賀)

関連記事

フォトニュース

  1. もういうてる間ぁに春やな…

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 南部梅林

    2月 1 @ 12:00 AM - 3月 1 @ 12:00 AM
  2. ごぼうまちゼミ

    2月 8 @ 12:00 AM - 3月 15 @ 12:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る