あおり運転の根絶を

 神奈川県内の東名高速で昨年6月、あおり運転により停車させられた車がトラックに追突され、夫婦が死亡した事故で、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)などの罪に問われた男の初公判が3日、横浜地裁で行われた。法廷では遺族に目もくれず、終始ふてぶてしい態度だったらしい。少なくとも死亡した夫婦が高速道路で停車する要因を作ったのはこの男だが、罪の意識や反省の色が全く感じられないという。

 この男があおり運転をした経緯については、死亡した夫からパーキングエリアで止め方を注意されたため激高。夫婦の車を時速100㌔以上で左側から追い越し、前に割り込んで減速、追い越し車線上で停車させた。そこに後続のトラックが衝突したのである。自分のマナーの悪さを指摘されたことによる逆恨みで、断じて許されるものではない。

 筆者が通勤する県道御坊美山線でもマナーの悪いドライバーがいる。以前、時速30㌔ほどの遅さで走る軽トラがあったので、ウインカーを出して追い越したところ、何が気に入らなかったのか、幅寄せ気味に追い抜いていき、最後は後ろを振り向いて何か暴言を発していた。また、別のドライバーは筆者の車のすぐ後ろにピタリと張り付き、センターラインに寄っていかにも「道を開けろ」のような運転。よほど急いでいるのか、それともあおりか。「逆に同じことをしてどれだけ不快か思い知らせてやろうか」との思いも頭をよぎるが、そこは冷静に。ここで暴走すればあおり運転男と同じである。わかやま冬の交通安全運動期間中。全てのドライバーがいま一度自分の運転を見直し、あおり運転の根絶につなげていただきたい。(吉)

関連記事

フォトニュース

  1. 日高のサバで日本一になるぞ!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る