あおり運転の根絶を

 神奈川県内の東名高速で昨年6月、あおり運転により停車させられた車がトラックに追突され、夫婦が死亡した事故で、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)などの罪に問われた男の初公判が3日、横浜地裁で行われた。法廷では遺族に目もくれず、終始ふてぶてしい態度だったらしい。少なくとも死亡した夫婦が高速道路で停車する要因を作ったのはこの男だが、罪の意識や反省の色が全く感じられないという。

 この男があおり運転をした経緯については、死亡した夫からパーキングエリアで止め方を注意されたため激高。夫婦の車を時速100㌔以上で左側から追い越し、前に割り込んで減速、追い越し車線上で停車させた。そこに後続のトラックが衝突したのである。自分のマナーの悪さを指摘されたことによる逆恨みで、断じて許されるものではない。

 筆者が通勤する県道御坊美山線でもマナーの悪いドライバーがいる。以前、時速30㌔ほどの遅さで走る軽トラがあったので、ウインカーを出して追い越したところ、何が気に入らなかったのか、幅寄せ気味に追い抜いていき、最後は後ろを振り向いて何か暴言を発していた。また、別のドライバーは筆者の車のすぐ後ろにピタリと張り付き、センターラインに寄っていかにも「道を開けろ」のような運転。よほど急いでいるのか、それともあおりか。「逆に同じことをしてどれだけ不快か思い知らせてやろうか」との思いも頭をよぎるが、そこは冷静に。ここで暴走すればあおり運転男と同じである。わかやま冬の交通安全運動期間中。全てのドライバーがいま一度自分の運転を見直し、あおり運転の根絶につなげていただきたい。(吉)

関連記事

フォトニュース

  1. 思ったより広いな~

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る