あいさつが救う命

 先日、印南町体育センターで教育委員会と社会福祉協議会の人権福祉講演会があり、取材した。講師はノンフィクション作家で高野山真言宗僧侶の家田荘子さん。ヤクザの妻の視点から描いた「極道の妻たち」が代表作だが、恥ずかしながら作品名を知っているだけで本を読んだことも映画を見たこともない。以前コメンテーターとしてテレビで拝見したぐらいで、何も知らないだけに新鮮な気持ちで講演に聞き入った。

 家田さんは「一緒にいきていこう~あなたの愛をもとめています」をテーマに体験、経験を振り返った。子どものころ親から受けた暴力、小学生のとき遭ったいじめを基に「どうにかして周りが気付いてあげなければ。幼いころにつらいことがあると、大人になってから地元に足が向かない。そんな人を印南から出してはいけません」と強調。とても分かる気がする。前に、へき地教育の研究会でも同じようなことを聞いた。田舎でヒエラルキー(序列)が「下」だった子どもは大人になっても「下」。上下をつくらない横の関係が大切だと。

 家田さんの話に戻すと、十数年続けているという四国八十八カ所遍路については、歩きながら会う人にあいさつをしており、あいさつが返ってこないまちは暗い、怖い、きたない、そんなネガティブな印象だそう。その上で、「あいさつがコミュニケーションの第一歩。苦しんでいる人の重い荷物を少しでも軽く、そして命を救えるかもしれません。あいさつ、声かけを広めて明るく元気、安全できれいなまちを育てていってください」と呼びかけた。苦しんでいる人が声を上げられる環境づくり。まずはあいさつから実践していこう。(笑)

関連記事

フォトニュース

  1. 10日には発送します

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る