11月は有間皇子の命日月

 11月11日は有間皇子の命日だった。皇子の顕彰活動を行う東山の森Arkは11月を「命日月」として毎年「有間皇子ことはじめ展」を行っており、ことしも10日に開催。命日の11日には海南・万葉の会主催のミュージカルも行われた◆有間皇子は飛鳥時代の皇族で、中大兄皇子(天智天皇)のいとこ。中大兄の陰謀により、「斉明天皇への謀反を企てた」として658年に19歳の若さで刑死した「悲劇の皇子」として知られる。「知られる」とはいっても、やはり古代史に関心がなければそう詳しく知る人は少ないだろう。「ことはじめ展」の名には、「入門の場に」との意味がある◆戦国武将や幕末の志士が好きなだけの単なるミーハー歴史ファンの筆者だが、縁あって東山の森Arkの活動を取材するようになりずいぶん勉強させてもらった。人物像がある程度つかめると、がぜん面白くなる。皇子は蘇我赤兄(そがのあかえ)に謀反をそそのかされ、その後裏切られて捕えられるのだが、白浜の裁きの場で言ったとされる「天と赤兄と知る。吾全(もは)ら知らず」天と赤兄が知っているだろう、私は何も知らない、との言葉には、赤兄への怒りを込めながらもくどくどと申し開きはしない、皇族の若者としての誇りが表れているようだ。護送の途中、岩代で松の枝を結び「幸い生き延びられたら、またこれを見よう」と願いをかけたとされる逸話も、その直後に若すぎる命を散らしたことを思えば哀れさが胸に迫る◆知っている人はよく知っている。知らない人はまったく知らない。そんな状態から前進し、基本的な話だけなら誰もが知っている状態にまでこぎつけるのは難しい。知ることも「縁」。縁を持つきっかけを多くの人に伝え続けることでしか、広める術はないのだろうか。(里)

関連記事

フォトニュース

  1. 桜とダム、こいのぼりが競演

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る