高校生津波サミット 日高高生が発表

 日本を含む世界48カ国の若き防災大使479人が地震・津波対策を討論する「世界津波の日2018 高校生サミットin和歌山」が31日と1日の2日間、和歌山ビッグホエールで開催。分科会では、日高高校の女子生徒3人が同校で毎年取り組んでいる防災スクールでの課題などを踏まえ、地域のつながりの大切さを訴え「きょう集まったみんなで世界にネットワークを広げよう」などと堂々と発表した。

 分科会はAからLまで12のグループに分かれ、それぞれの国や地域、学校で実践している活動から今後何に取り組むべきかをすべて英語で発表した。3つのテーマのうち、日高高校は「災害に備え意識を高める」のカテゴリーで、2年生の小谷紫音さん、坂下涼さん、鎰谷美夢さんが発表した。

 3人は、校内でのアンケート調査から、津波で避難したときに家族とコンタクトを取る方法を「決めている」がわずか21%、地域の避難訓練に「参加している」が32%と、意識が低いことに着目。各市町の防災担当者へも聞き取りし、地域住民に危機意識がまだ浸透しきれていないこと、各市町とも防災対策に取り組んでいるが、自治体間の連携は強いとはいえず、施策に子どもの意見があまり反映されていないなどたくさんの課題を抽出した。課題解消のためには学校、地域住民、自治体それぞれのつながりを強めることが重要だと強調し、「和歌山津波防災ネットワーク」を組織し、定期的な会議の開催や防災について高校生が意見することなどを提案。最後に「このようなネットワークを、サミットに参加している皆さんの各地域で作れば、世界中にネットワークが広がり、津波に対する危機意識が高まる」と訴えた。3人はグループの進行役を務めたほか、質問タイムやグループワークでも積極的に発言し、国内外の生徒と交流を深めた。

写真=分科会で英語で取り組みを発表する日高の3人

関連記事

フォトニュース

  1. 思ったより簡単かも

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る