統合問題に大きな変化

 日高町比井と志賀の小学校統合問題に、大きな変化が出てきた。去る16日に比井小で開かれた統合の保護者説明会は既報の通りだが、ほとんどの出席者から「統合は仕方ない」という声が出されたのが印象的。昨年5月と10月の説明会では反対の声が目立ったが、一転。理由は「児童数が減っているのでやむを得ない」「中学校で一緒になるので、小学校から大人数に慣れておく方がいい」など。昨年の説明会から1年余りの間に、保護者同士で話し合ったり、地域の意見も聞いたりして考え方が変わってきたそうだ。

 ただ、一部には「今後、入学生が1人になるのでかわいそう」などと早い段階での統合を望む声もあったが、多くの保護者は地元に小学校が存続することを根本的には望んでいるように感じた。つまり、統合に賛成ではなく、複雑な思いのまま、消極的な容認とでも表現したらいいのだろうか。やはり保護者の中には「うちの子どもは比井小で卒業を望んでいるのに、志賀小へ行くようになって大丈夫だろうか」などの不安も根強く残る。

 まだ統合が決定していないのに、先走った話をするとしかられるかもしれないが、仮に統合に向かって進むなら、子どもや保護者が複雑な思いや不安を抱えていることを町はしっかり受け止め、対応していただきたい。その上で保護者には「統合は仕方ない」と落胆するのではなく、統合を機により一層素晴らしい教育環境になるよう前向きな意見や提言を期待。今回、説明会を通じて町と保護者らが話し合いの場を持てたのはいい経験で、子どもたちのために保護者、地域、学校の連携がさらに深まることを願う。(吉)

関連記事

フォトニュース

  1. 由良のミカンも使ってます

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る