結果よりプロセスが財産

 来年は全国大会を目指そう。ちょうど1年前、4位入賞して目標だった近畿大会出場を決め、抱き合ってうれし涙を流した選手たちは、来年へ向けて大きな目標を掲げたのを昨日のことのように思い出す。月日がたつのはまさにあっという間。17日に田辺スポーツパークで開催された県中学校駅伝競走大会へ、切目中女子チームの応援に行ってきた。1年間練習を積み重ね、思いを込めてたすきをつないだ選手たち。昨年からコースが変わり、一層アップダウンの激しいタイトなコースになったにも関わらず、昨年より34秒タイムを縮めたが、結果は6位。近畿(5位以内)出場も逃してしまったが、最後の最後まであきらめず全力で走り切った選手たちはまぶしかった。

 5位のチームとは7秒差。5人一人一人があと2秒縮めていれば近畿大会を手にできていたのだから、1秒の大切さが、選手たちはあらためて身にしみただろう。とにかく負けはしたが、いい経験と勉強になったことは間違いない。県駅伝では男子で大成が優勝し全国出場を決めた。日高勢の活躍は純粋にうれしかったし、ぜひとも切目の分まで頑張ってほしいと心から思う。

 勝負である以上、勝者と敗者がいる。しかし結果より大事なこともある。目標を掲げ、それに向かって1年間、雪の寒い日も真夏の酷暑の中も、雨の日も、一生懸命練習してきたことこそが選手たちにとっての本当の財産。そして負けて学ぶこと、気づくこともたくさんある。悔し涙を流した分だけまた強くもなれるだろう。切目女子に限らずすべてのチームの選手たち、一人一人が次の目標を掲げ、また新しい一歩を踏み出そう。努力は人を強くする。(片)

関連記事

フォトニュース

  1. お、ナイススイング!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る