日高建設業組合青年部会 高校生の機械体験会開く

 日高建設業協同組合青年部会(北村智広会長)の建設機械体験会が10日に美浜町吉原の広場で行われ、和歌山高専や日高高校中津分校の生徒、同部会メンバーら約40人が参加した。総合機械メーカー㈱小松製作所の協力で、ICT(情報通信技術)油圧ショベルの乗車体験やドローン測量を見学。世界初の最先端技術を駆使した建設業の仕事に興味津々だった。

 体験会は、地元の高校生を対象に建設業に興味や憧れを持ってもらおうと初の試み。最初に北村会長が「私たちは道や建物をつくっています。台風被害で電線を修理するのは電力会社ですが、倒木の処理などいち早く駆け付けて対応するのは私たち建設業。地域に密着した仕事です」などと紹介を兼ねてあいさつした。

 このあと、小松製作所の専門家が、国が推進する「i│Construction(建設現場へのICT導入)」について「建設業の労働者が減少しており、建設機械のロボット化を進めないと対応できない」などと解説。衛星通信を利用したドローンでの上空撮影による測量では、実際にドローンを飛ばし、あっという間に測量ができて、タブレットの画面で測量結果が3D(立体映像)で見れることを紹介した。

 ICT油圧ショベルの乗車体験では、学生たちが一人一人操縦席に座り、タッチパネルなどでの操作を行った。操縦はセミオート化されており、設計に基づき自動で掘り過ぎないような機能が付いていることも学んだ。また、ICTブルドーザーは、掘削から仕上げの整地まで自動化されており、デモンストレーションを見学した。いずれも世界初の最新技術で、中津分校3年生の塩崎元基君(17)は「すごい技術ですが、操作はゲーム感覚でわりと簡単でした。父が建設業をしているので、将来は後を継ぎ、ICT建機を活用した工事をしたいです」と目を輝かせた。

写真=ICT油圧ショベルの乗車体験

関連記事

フォトニュース

  1. 花言葉は「楽しい思い出」

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る