御坊のキャンプ場が人気

 本年度から11月以降もオープンしている御坊市野口のオートキャンプ場は、利用者数がすでに昨年度1年間の2倍となる約4400人に上り、人気を集めている。1区画の広さや格安料金が好評でリピーターが増えたこと、キャンピングカーのオーナーズクラブとタイアップしたことによりSNSでの発信力が格段にアップしたことなどが要因。今後は利便性向上へインターネット予約もスタートさせる。

 管理・運営する市ふれあいセンターによると、昨年度1年間(4~10月)の利用者数は約2200人。本年度は4月から10月までで約3700人が来場しており、11月も27日現在で約700人を数え、倍増している。

 全国的なキャンプ人気もあるが、野口を利用した人が気に入って再び来てくれるリピーターが多いのが特徴。人気の秘訣は、1区画の広さだ。野口ではコンセントが利用できる電源サイトを20区画用意しているが、ほとんどが約300平方㍍あり、最も狭い所で150平方㍍が2区画、最も広い所は約400平方㍍もある。1区画100平方㍍でも広さをウリにしている他のキャンプ場もあり、野口の広さは際立っている。料金も1区画4620円とリーズナブルで、シャワー室、トイレ、手洗い場など施設も充実。フリーサイトも夏までは40区画まで予約を受け付けていたが、より広さをアピールするため、秋以降は25区画までにしており、広々と使えるところが好評。同センターによると、本年度に2回以上利用してくれた人は全体の2割を超えるという。

 キャンピングカー愛好家とタイアップしたことも利用客増につながっている。7月には、フェイスブックで3500人が登録している「キャンピングカー倶楽部(CCC)」、7000人が加盟する日本最大のキャンピングカーオーナーズクラブ「くるま旅CLUB」と、市ふれあいセンターがスクラムを組み、野口オートキャンプ場を「CCCパラダイス御坊」として全国に情報発信をスタート。キャンピングカー自体の利用はまだまだ少ないが、SNSでの情報発信の効果は大きく、予約増につながっている。

 キャンプ場はオープン当初から条例で期間を4~10月と定めていたが、キャンピングカー関係者から「11月はキャンプに最適」とのアドバイスを受け、本年度から11月以降も通年オープンしている。効果はてきめんで、11月の利用は夏休み中の8月やゴールデンウイークの5月を上回り10月とほぼ同数の約700人で最多。週末にはテントの花が咲いている。

 ふれあいセンターの林守さんは「いろんな要素が合わさってたくさんの人に利用してもらっている。設備をきれいにし、笑顔で対応などできることを徹底してさらにアピールしたい。予約客の利便性向上のため、ネット予約の準備も進めているので、出来次第スタートさせたい」と話している。

写真=11月も週末はテントの花が咲いている

関連記事

フォトニュース

  1. 自転車の鍵かけ忘れずに!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る