御坊でミュージカル「みやこ姫」

 海南・万葉の会主催、ミュージカル「みやこ姫~有間皇子塚がむすぶ縁~」が11日、御坊市民文化会館大ホールで上演された。

 出演は海南市の劇団KCMで、あすなろ倶楽部・絆の星、劇団たなべ座等も協力。壬申の乱に始まり、聖武天皇が大仏を建立するまで約80年の壮大な歴史を語る物語となった。九海士の里で育った少女宮子は、村長(むらおさ)から有間皇子の悲劇と、皇子とともに殺された家臣で近隣の出身、塩屋連鯯(しおやのむらじこのしろ)の話を聞く。女帝・持統天皇は紀伊に行幸し、村人の願いを聞き届けて岩内に有間らの墓をつくることを許した。造営の際、不比等の家来が美しい黒髪の宮子に目を止めたことから、宮子は文武天皇の夫人となり、やがて聖武天皇を生むが、引き離されて36年間も会えないままに過ごす…。

 KCMメンバーで田辺市龍神村在住の正木吉紀さんが聖武天皇を演じ、母子の再会の場面などを熱演した。あすなろ倶楽部の竹本浩人君(大成中2年)は少年時代の聖武天皇、井原美月さん(中津小6年)は少女時代の光明皇后をしっかり演じていたほか、メンバー7人は踊りで盛り上げた。古代の歴史ロマンを演劇の形で詳しく紹介した舞台に、拍手が送られた。

写真=聖武天皇が母の宮子と36年ぶりに再会

関連記事

フォトニュース

  1. 傘差しや並進はせんといてね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る