師走でも心に余裕を

 きょうから最終月の12月に入った。子どもたちにとっては冬休み、クリスマスや年末行事などと楽しいことが目白押しだ。半面、大人というと、「もう1年が終わってしまう」となんとなく切ない気持ちにもなるのではなかろうか▼12月は「師走」とも呼ばれる。語源の由来はいくつか説があるようだ。最も有名なのが師(坊さん)も走る忙しさという説で、家々で読経などの仏事を行うために師が走り回るということに由来している。師は僧侶という意味ではなく、先生や師団(軍隊の単位の1つ)を指しているという説もある。他には「終わる」という意味の「果つ(はつ)」が語源となったという説もあるという▼いずれにしても昔の人たちも生活する中でせわしなさを感じていたのだろう。案外暇という人もおられるかもしれないが、筆者の場合も結構忙しい。正月の新年号の取材など普段にない仕事が加わってくるからだ。各家庭でも大掃除やお節料理の用意など正月準備に向けて普段の月よりも忙しくなるのではないだろうか▼12月は最も交通事故が多い月でもある。2016年の発生状況でみると、1~11月の平均より約1・2倍多く、死者数では約1・3倍となっている。忙しさから心に余裕がなくなり、注意力が欠けて安全確認を怠ってしまいがち。日が暮れるのも早くなり、薄暗くなった道路を渡ろうとする歩行者が確認しづらくなったりすることもある。わずかな運転ミスでも大事故につながる可能性がある▼1日からは「わかやま冬の交通安全運動」がスタートした。無事に年を越し、安心して正月を迎えたい。ハンドルを握った時は心に余裕を持ち、細心の注意を払う必要がある。(雄)

関連記事

フォトニュース

  1. 皆さんの声をお寄せください

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る