大日本農会表彰 山本さんに緑白綬有功章

 農業で有益な発見、研究を行い、地域農業に貢献した人をたたえる公益社団法人大日本農会の農事功績者表彰式が行われ、和歌山県からただ一人、みなべ町清川のウメ農家山本茂さん(67)が緑白綬有功章を受章した。ウメの樹勢の維持・強化、新品種普及等に努め、県が栽培を推進する「露茜」の産地化を先導。19日には日高振興局に三浦源吾局長を訪ね、受章の喜びを報告した。

 大日本農会は1881年(明治14年)、農業の経験や知識の交換を通じて農事の改良発展を図ることを目的に、日本初の全国的な農業組織として発足。現在の総裁(第七代)は秋篠宮文仁親王殿下で、毎年、農事改良や農業の研究に顕著な功績を残した人を表彰している。

 ことしは農事功労、農業改良普及、農業技術開発功労等で72人が選ばれ、山本さんは農事功労の果樹部門8人のうちの1人。ウメを専門に栽培しており、農事改良では農地造成によるウメの増産、受粉樹導入等による結実向上、剪定と土づくりでブランド「南高」の高位安定生産を実現した。また、地域農業への功績では、地区出荷会の会長として完熟梅の有利販売、露茜の産地化、新たな特産品づくりを先頭に立って取り組んでいる。

 三浦局長は山本さんの晴れの受章を喜び、地域農業のリーダーとしてますますの活躍を期待。山本さんは「この受章は地域の皆さまの支えのおかげです。県はこれからも引き続き、露茜の産地化に向けてご協力をお願いします」などと話していた。

写真=日高振興局で三浦局長㊨に受章を報告する山本さん

関連記事

フォトニュース

  1. エビいっぱいとれたで

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る