和田勇氏のメッセージ

 「父はみんなで協力し合って、成果を分かち合うことを生涯貫いた」。1964年東京オリンピック誘致に貢献した御坊市名誉市民第1号の故和田勇氏の次女・マリコさんの言葉。先日、14年ぶりに来日し、御坊市や和田勇顕彰会が主催のパネルディスカッションでは特別ゲストとして父との思い出や人柄を語った。和田氏は5歳から9歳までの約5年間を両親の出身地である名田町や由良町戸津井で過ごした。漁師の網元のような生活で、船を出したり網の片付けなどすべて村中の人たちが協力し合い、獲った魚は平等に分けた。この生活が和田氏の原体験になったと強調していたのが印象的だった。

 限られたスケジュール、日本の親戚らも会いに来ている貴重な時間の中でも、筆者らの質問に丁寧にフレンドリーに答えて頂いた。人を大切にする、和田氏の血が流れているのだと感じさせられた。和田氏は東京五輪誘致のために、自費で中南米を中心に飛び回り、関係者と信頼関係を築いて東京開催への支持を取り付けた。戦後の日本が立ち直るまで支援したいとの思いが原動力だったという。マリコさんも、顕彰会の活動に感激し、自費で御坊に駆け付けてくれた。情の厚さも両親譲りだ。

 和田氏は明治40年生まれ、大正、昭和、平成(13年に93歳で死去)とまさに激動の時代を生き抜いた。和田氏の幼少期と比べれば、いまは何一つ不自由ない生活を送れる人がほとんど。しかしながら、この田舎でも隣近所の希薄化が進んでいる。何でも助け合って、みんなで分かち合う、マリコさんが話した和田氏の精神は、今に生きる我々への熱いメッセージだと受け止め、少しでも近づかなければと感じた。(片)

関連記事

フォトニュース

  1. コロナに負けるな!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る