健康と向き合おう

 夏の健康診断で「便潜血反応が陽性、精密検査を要する」と判定され、3カ月の予約を待って先日、内視鏡による検査と治療(手術)を受けた。以前なら放っておいたかもしれないが、30代も半ばを過ぎ、そもそも便秘と下痢を繰り返しがちな体質。心配になり、きちんと病院に行ってみた。

 健診時の検便も子どものころ以来なら、もちろん内視鏡検査は初めてだった。振り返ってみると、前日から食事制限があり、その夜から絶食。当日は朝から大量の水と下剤を飲み、トイレに通う。まず感動したのはお腹が痛くならない下剤。そして温水洗浄便座を初めて使った。病院では点滴を麻酔と勘違いして不安になり、麻酔は麻酔で効果に驚かされたが、どれもこれもいい経験。ポリープを2つ切除してもらい、結果、いずれも悪いものではなく、本当によかったと思う。

 国立がん研究センターのがん情報サービスによると、大腸がんと新たに診断される人は1年間に10万人当たり103人。年齢別の罹患率は、40歳代から増加し始め、50歳代で加速、高齢になるほど高くなる。罹患率の男女比は、1年間に10万人当たり男性で121人、女性で86・4人とやや男性に多い傾向。男性は胃がん、肺がんに次いで3番目、女性は乳がんに次いで2番目に多いがんという。

 大腸がんの発生は生活習慣と関わりがあるとされ、赤肉や加工肉の摂取、飲酒、喫煙によって危険性が高まるそう。飲酒以外は後ろめたい気分。健康と向き合う必要があり、がんの早期発見、適切な治療を受けるため、あらためて健診の重要性を感じた。皆さんはきちんと健診を受けていますか。手遅れになる前に自分の健康と向き合おう。(笑)

関連記事

フォトニュース

  1. 海の勇者が愛したキンセンカ

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る