世耕大臣 引き続き中小企業対策推進

 先の内閣改造(第4次安倍改造内閣)で経済産業大臣、ロシア経済分野協力担当大臣等を留任となった世耕弘成参議院議員(55)が4日、和歌山市卜半町の自民党県連で記者会見を行い、「引き続き中小企業対策を中心に、和歌山に貢献できるよう頑張りたい」と抱負を述べた。

 経済産業大臣としては3期目に入り、新顔が12人という内閣にあっては「どちらかというと残留組という印象が非常に強くなっている」が、これまでに得た経験、職員とのつながりをフル活用しながら、安倍首相が掲げる全世代型社会保障改革等を推進する考えを表明。中小企業の活性化については、「これまでも下請取引の適正化に全力で取り組んできたが、和歌山の企業から話を聞くなかで問題を解決できた実例もあれば、まだ改善されていない下請イジメの実態もある。中小企業が被害をかぶる悪しき慣行を改め、和歌山での成果をもとに、全国の中小企業がしっかりと潜在力を発揮できる状況をつくりたい」と意欲を示した。

 国内の経済分野への影響が懸念される韓国大法院が日本企業の上告を退け、戦時動員された朝鮮人労働者(元徴用工)に企業が損害賠償を支払うよう命じた高裁判決が確定した問題については、「これは日韓間の協定によって、完全に解決済み。安倍政権になってからも、韓国政府との間で日韓の諸問題を最終的かつ不可逆的に解決したという約束をしている」と揺るがぬ姿勢を示し、「判決はその精神、内容にまったく反する。賠償や差し押さえという可能性もあり、われわれは日本の企業の経済活動に影響がないよう注視していく。万が一、影響が出るような対応を韓国の政府や原告団がとった場合、日韓の経済関係に致命的な打撃を与えるだろう」と述べた。

写真=経産大臣として決意を語る世耕氏

関連記事

フォトニュース

  1. いまが見頃です

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る