世耕大臣 引き続き中小企業対策推進

 先の内閣改造(第4次安倍改造内閣)で経済産業大臣、ロシア経済分野協力担当大臣等を留任となった世耕弘成参議院議員(55)が4日、和歌山市卜半町の自民党県連で記者会見を行い、「引き続き中小企業対策を中心に、和歌山に貢献できるよう頑張りたい」と抱負を述べた。

 経済産業大臣としては3期目に入り、新顔が12人という内閣にあっては「どちらかというと残留組という印象が非常に強くなっている」が、これまでに得た経験、職員とのつながりをフル活用しながら、安倍首相が掲げる全世代型社会保障改革等を推進する考えを表明。中小企業の活性化については、「これまでも下請取引の適正化に全力で取り組んできたが、和歌山の企業から話を聞くなかで問題を解決できた実例もあれば、まだ改善されていない下請イジメの実態もある。中小企業が被害をかぶる悪しき慣行を改め、和歌山での成果をもとに、全国の中小企業がしっかりと潜在力を発揮できる状況をつくりたい」と意欲を示した。

 国内の経済分野への影響が懸念される韓国大法院が日本企業の上告を退け、戦時動員された朝鮮人労働者(元徴用工)に企業が損害賠償を支払うよう命じた高裁判決が確定した問題については、「これは日韓間の協定によって、完全に解決済み。安倍政権になってからも、韓国政府との間で日韓の諸問題を最終的かつ不可逆的に解決したという約束をしている」と揺るがぬ姿勢を示し、「判決はその精神、内容にまったく反する。賠償や差し押さえという可能性もあり、われわれは日本の企業の経済活動に影響がないよう注視していく。万が一、影響が出るような対応を韓国の政府や原告団がとった場合、日韓の経済関係に致命的な打撃を与えるだろう」と述べた。

写真=経産大臣として決意を語る世耕氏

関連記事

フォトニュース

  1. ぜひ皆さんで食べてください

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…
  2. B29へ決死の体当たり 欧州で第2次世界大戦が始まったのを受け、米軍は1939年(昭和14)11月…
  3. 3月17日の神戸大空襲に遭遇 アニメ映画化された野坂昭如の小説「火垂るの墓」、手塚治虫の「アド…
  4. 大阪空襲の直前に帰郷 印南町山口に生まれ、現在は美浜町吉原(新浜)に住む芝﨑シヅヱさん。父五郎右衛…
  5. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る