マージャンは健康的に楽しもう

 学生時代、マージャンに没頭した時期があった。暇さえあれば、仲間を集めて時間を忘れて楽しんだ。夜から友達の家で始め、最初は「日付が変わる前に止めよう」と打ち合わせしていても、その約束はほとんど守られない。終了となるのは太陽が上がり始めて周囲が薄明るくなってくることが1つの合図だ。だが、それさえ無視し、続けたこともしばしばだった。

 しかし、近年はマージャンから遠ざかっている。もう何年も牌を握っていない。その大きな理由は、ずるずると続けてしまうことが体力的にかなりきつくなったことだ。次の日に疲れが残ってしまい、仕事にも影響してしまう。加えてメンバーにタバコを吸う人がいれば、部屋中に嫌な煙が充満することもある。マージャンは健康的ではなく、中年となってしまったいまでは、その環境には絶えづらくなった。

 しかし、最近は健康マージャンなるものが高齢者の間でちょっとしたブームとなっているようだ。「お金を賭けない」「酒を飲まない」「タバコを吸わない」という3つがモットーで、ねんりんピック正式種目にも登録されている。指先を使って牌を扱い、仲間同士と交流できることが脳に良く、認知症予防としても効果があるという。来年11月に県で開かれる「ねんりんピック紀の国わかやま2019」では、御坊市が健康マージャンの会場となる。当地方で一層の普及につながるのではないだろうか。

 最近はマージャンを敬遠するようになった筆者だが、健康マージャンなら嫌な面が随分と解消される。機会があれば学生時代に没頭したことを思い出しながら楽しんでみたいものだ。最近は物忘れがひどくなったと感じることが多いが、それも幾分和らぐかもしれない。(雄)

関連記事

フォトニュース

  1. ラーメンの湯切りの落下速度は?

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る