ビブリオバトルで新たな出会い

 御坊市立図書館が主催して、第1回ビブリオバトル御坊大会が開かれた。バトラー(出場者)がお勧め本をプレゼンし、参加者の投票で「チャンプ本」を決める催し。中学生10人、高校生2人が出場し、若い人に人気の著者の本が多く、知っている本はほとんどなかったが、「読みたい」と思わせてくれるプレゼンばかりで大変面白かった◆チャンプ本は、中学生部門では三秋縋(みあき・すがる)著「三日間の幸福」、高校生部門では西尾維新著「りぽぐら!」。チャンプ本の発表ではなかったが、印象に残った言葉があった。「怪物はささやく」という本の発表後のディスカッションで「その本は怖いのか」との質問にこたえ、「怖いわけではない。かといって笑えるほど面白いわけでもない。感動して泣けるわけでもない。わくわくする冒険があるわけでもない。でも面白かった」◆大抵の本はそうなのだ。感動物でも冒険物でも抱腹絶倒でもホラーでもなく、それでも面白い。一言で面白さの質を説明してしまえるような、そんな分かりやすい面白さとは無縁であっても、物語の本当の生命はそんなところにはない◆本と人との関係は、それぞれ唯一無二のものである。同じ本でも違う人が読むと、当然だが違った感想を持つ。本との出会いは人との出会いに通じる。出会いが素晴らしいものであれば、それを正しく表現すれば他の人にも波及する力を持ち、さらに新しい出会いをも実現する。その実践的な試みが「ビブリオバトル」かもしれない◆12月9日には県立図書館で、各地域大会を勝ち抜いたバトラーによる和歌山大会も開かれる。ここでチャンプ本に選ばれれば、全国大会に進める。本と、それからスピーチという形の表現方法に関心のある人は、ぜひ観戦してほしい。(里)

関連記事

フォトニュース

  1. 山も車両も気をつけましょう

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る