トンボ絵画コンク 野村君が大賞

 朝日新聞社・朝日学生新聞社主催、文部科学省・環境省等後援の第33回「WE LOVEトンボ」絵画コンクール審査が行われ、河南中学校1年の野村和志君の作品が大賞・環境大臣賞を受賞した。小4の時に入賞したことはあるが、大賞は初めて。表彰式は、17日に朝日新聞東京本社浜離宮朝日小ホールで行われる。

 「美しい自然のシンボル・トンボを描いてみよう」という趣旨で毎年行われている絵画コンクール。今回は、全国の小・中・高校生から14万7051点もの作品が寄せられた。

 野村君は、小3の時から示現会正会員の阪本由捷さん(御坊市藤田町吉田)の絵画教室に通っている。今回の作品は、ゴールデンウイークに家族で訪れた白川郷の風景にトンボを合わせて描いた。木造の家々、きれいに積まれた石垣の間を流れる小川の上を飛ぶトンボの姿が大きく描かれており、羽の透明感などを繊細に表現。「色をつくるのが難しく、特に川のそばに生えている草の緑色をきれいに描くのに苦労しました。こんなにいい賞がもらえるとは思っていなかったのでびっくりしました。うれしいです」と笑顔で話している。

写真=大賞を受賞した野村君の作品

関連記事

フォトニュース

  1. 御坊・日高のために頑張ります!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る