ストロングマンが争うなかで

 戦う男の「強さ」は政治家に求められる重要な資質である。米国、中国、ロシア、フィリピン、ブラジル…世界はいま、「ストロングマン」と呼ばれる戦う強権的指導者が台頭してきている。

 政治家を選挙で選び、多数決で政策を決定する民主主義は、少数派も含め広範な意見をくみ取る反面、利害の調整に時間がかかりすぎる。両院がねじれると重要な法案、予算も通らず、時間とともに国益が損なわれてしまう。

 独断専行、即断即決のストロングマンは、法や人権を無視しても強引に物事を前に進める。国民はその強さとスピードに熱狂、暴走しても民主国家は選挙がブレーキとなるが、選挙のない独裁国家は抑える術がない。

 民主主義が衰退、独裁主義が勃興しつつあるといわれるなか、自由と民主主義、人権を尊重するわが日本の安倍首相は、価値観を共有する米国とともに、「自由で開かれたインド太平洋構想」を進めようとしている。

 狙いは中国の排除、経済破綻。日米が軸となって豪州、インド、さらには英、仏も巻き込み、巨大な経済圏構築を進める。言葉は「構想」とやわらかいが、実質は戦いのための「戦略」。「緩やかな封じ込めだ」という指摘もある。

 安倍首相は14日、プーチン大統領と会談し、東方経済フォーラムでも話題となった平和条約に関連して、北方領土問題を「互いの任期内に必ず終止符を打つ強い意志を完全に共有した」という。2島か4島か、国内議論が熱を帯び始めた。

 かつて、アラスカを米国に売ったロシアは再び崩壊の危機。米国はINF全廃条約からの脱退を表明し、本気で中国を潰そうとしている。せめぎ合うストロングマン3人からすり寄られる安倍首相、日本に勝機はあるか。(静)

関連記事

フォトニュース

  1. いまが見頃です

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る