みなべ町の3保育施設 統合移転へ

 津波被害が懸念されているみなべ町内の3保育施設を高台に移転する計画で、町は13日、町生涯学習センターで開かれた第2回子ども子育て会議の席上で「東吉田と南道にまたがって建設中の防災拠点施設用地内に統合移転し、民設民営化によるこども園を2022年4月に開園させたい」との考えを示した。施設建設や運営は社会福祉法人イエス団愛之園(本部・神戸市)に移管する方針。

 統合移転の対象の保育施設は、海岸部にある南部幼稚園(芝)、南部保育所(東吉田)、愛之園保育園(埴田)。近い将来に南海トラフ巨大地震の発生が懸念されており、2017年3月に策定された第2回みなべ町長期総合計画でも、3園の高台への移転を緊急課題としていた。愛之園保育園は民間施設だが、町の認定保育所でもあることなどから、公立施設と同様に町が主体となって移転を推進してきた。

 計画によると、3園統合の施設は幼稚園と保育所を一体化させた幼保連携型認定こども園とし、定員180~200人の規模。民営化することで、町費削減額が3園で年間約7200万円となる試算をしている。

 子ども子育て会議(望月和夫会長、委員15人)では、小谷芳正町長が「民間に移管しても、町の子どもたちの保育施設。開園までの支援のみならず、運営にも関与していきたい」とあいさつした。豊田泰猛教育長はこれまでの経過、新しい施設の方針などについて説明し、「スムーズに統合できるように、開園前から園児の交流の場を設けるなど配慮して進めていきたい」と述べた。移管先となる愛之園の神谷羊子園長は「一大プロジェクトで、町や関係の皆さんと協力しながら進めていきたい。『愛之園に任せてよかった』と言っていただけるような施設にしたいと考えている」と語った。委員からは「子どもたちとゆっくりと向き合えるような保育環境が必要」「子どもの保育だけでなく、親に対しても向き合っていくことが大事」などという声が上がっていた。

関連記事

フォトニュース

  1. バラエティー豊かに

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る