みなべの小学生が聴導犬について学ぶ

 みなべ町の上南部小学校(湯川三生校長)は15日に同校で福祉講演会を開き、全校児童231人が障害者福祉について学んだ。印南町丹生の会社員で聴覚に障害がある永井正章さん(50)が講師を務め、聴導犬との生活を紹介した。永井さんは「聴導犬を連れて店に行こうとすると、ペットと勘違いした店の人に怒られたこともある。聴導犬について知ってほしい」と語った。

 聴導犬は聴覚障害者を介助するよう訓練された犬。ドアホン、電話などのさまざまな音を聞き分け、音源を人に知らせて誘導する。全国で67匹が活躍しており、うち県内には現在3匹となっている。永井さんと一緒に生活している聴導犬の名前は「エール」。マルチーズとトイプードルのミックス犬のマルプー。2歳8カ月のオス。横浜市の公益財団法人日本補助犬協会から寄贈され、昨年3月から一緒に生活している。永井さんは、出産時にへその緒が首に絡まった影響で、生まれた時から聴覚に障害を持ったという。

 講演のテーマは「聴導犬エールと共に生きる」。永井さんの言葉を妻の千絵さん(50)が手話で聞き取り、子どもたちに紹介した。エールとの生活ぶりについては「宅急便などお客さんが家に来たら体にタッチして知らせてくれる。誘導もしてくれる」などと説明。「聴導犬としての仕事は10歳になった時に終えるが、一生一緒に過ごしたい」とエールへの思いも語った。「聴導犬は、体に『聴導犬』と書かれた黄色いマント(胴輪)を着けている。見かけた時は触ったり食べ物を与えたりせず、温かく見守ってあげて下さい」と呼びかけ、「外出時も一緒に店に入ろうとすると、店員が聴導犬ということを理解せず、怒られることもある。小さなワンちゃんも仕事をしているということを、少しずつ広めていければと思う」と話した。実際にチャイムやキッチンタイマーの音を流し、エールの仕事ぶりを披露した。

写真=聴導犬のエールとの生活を紹介する永井さん

関連記事

フォトニュース

  1. ええ感じやで

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る