NYで梅スイーツの試食会

 アメリカの有名シェフ、ロン・シルバーさん考案の梅を使ったスイーツなど4品の試食会がニューヨークで開催。昨年10月にみなべ町を訪れて選んだ梅製品などで作ったパンケーキやドリンクが振る舞われた。マスコミ、シェフ、業者ら約50人が試食し、「梅の酸味があっておいしい」と好評。みなべ町・田辺市職員ら関係者は「健康にいい梅を海外にもアピールし、販路を広げていきたい」と話している。

 独立法人日本貿易機構(JETRO=ジェトロ)、農林中央金庫、みなべ・田辺地域世界農業遺産推進協議会が主催で、2015年12月に世界農業遺産に認定された「みなべ・田辺の梅システム」を契機として海外に梅の販路を開拓しようという事業。昨年10月に、アメリカのオーナーシェフで東京の赤坂などにも出店しているロンさん、2013・14年の2年連続でアジア最優秀パティシエに輝いたジャニス・ウォンさん(シンガポール)の2人を招いて梅の試食会を開催。それぞれ母国へ戻って梅レシピを考案し、ジャニスさんはスイーツ4品をつくって2月にシンガポールでデモンストレーションを行った。

 今回はロンさんの梅を使った料理のお披露目会。テーブルに並んだ料理は、中田食品(田辺)の梅クーリ、紀南農業協同組合(同)の冷凍梅などを使って仕上げたパンケーキ、コブラー(フルーツパイの一種)、ドリンクでは梅ソーダ、梅ミモザ(カクテル)の4品。試食会では、参加者がそれぞれの料理をじっくり味わっていた。「健康にもいいと聞いた。酸味があっておいしい」などと感想を話す声が聞かれた。席上、梅の機能性や梅システムについても説明した。前日にスーパーを視察、試食会翌日にはレストラン3軒を訪れて梅製品の商談を行い、中には取引に前向きな声も聞かれたという。

写真=梅のドリンクを味わう参加者

関連記事

フォトニュース

  1. この野菜はな~んだ?

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る