風しん 和歌山県内も6人感染

 関東地方で風しん患者の報告数が大幅に増加しているなか、和歌山県内でも8月以降、6人の感染報告があり、県が妊娠前の女性らにワクチン接種を呼びかけている。

 県健康推進課によると、ことしの全国の風しん患者は今月14日までに1289人となり、2011年以降は大流行した2013年(1万4344人)、2012年(2386人)に次いで3番目に多くなっている。

 和歌山県では8月に新宮保健所管内で最初の患者報告があり、先月17日から今月21日にかけて和歌山市や岩出、田辺の4保健所管内で5人の報告があった。

 風しんは、妊婦がかかると生まれてくる赤ちゃんが耳が聞こえにくい、目が見えにくいなど先天性の病気にかかることがある。妊婦はワクチン接種を受けられないが、今後、妊娠を希望する女性は生まれてくる赤ちゃんを守るためにもワクチン接種が重要。

 県は19歳から49歳までの妊娠を希望する女性、妊婦の夫を対象に、ワクチン接種を無料で受けられる緊急助成事業を実施中。期間は来年3月末まで。問い合わせは県健康推進課℡073―441―2643。

関連記事

フォトニュース

  1. 思いやりの心を持ちましょう

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る