連載小説「風神雷神」が終了

 全464回の長きにわたって本紙3面に連載した小説、原田マハ著「風神雷神」が最終回を迎えた。本日付で、連載を終えての作者の言葉も紹介されている◆日本美術に関心のない人にも有名な俵屋宗達「風神雷神図屏風」。美術の教科書で見た時から、どことなく瓢軽な風神に心ひかれた。そして天正遣欧少年使節の4人の少年達にも、歴史漫画を読んだ小学生の時から興味があった。「風神雷神」は少年時代の宗達が織田信長の命を受け、ヨーロッパの風物を写生するため遣欧使節に加わるという奇想天外な物語である◆紆余曲折の末、役目を果たして帰国の途につく少年達がまばゆい海を見つめ「この5人でならどこまでも行ける」と希望に燃えるラストは、その後の史実を思うと切ないものがある。少年使節の千々石ミゲルは禁教令ののち棄教。伊東マンショは領主に追放されて長崎のコレジオ(神学校)で教え、1612年に病死。40代半ばと推定される。原マルティノは禁教令を受け国外脱出。マカオで日本語の書物の印刷などを行い、1629年に死去した。中浦ジュリアンは1634年、穴づりの刑に処され殉教。役人に向かい毅然として「私はローマに赴いた中浦ジュリアン神父である」と名乗ったという◆著者はあえて彼らの先行きに触れず、最後の著者の言葉でも言及しなかった。「風神雷神」という、海を越えた若者達が理想への熱い思いを燃やしたこの物語にそれは必要ないということだろう。「実話に基づいた話」ばかりがもてはやされがちだが、想像が生む奔放なイメージは時として、現実世界ではなし得ない理想を具現化する◆およそ1年半にわたってこの物語に向き合い、あらためてフィクションの備える強靭な力を思い出させてもらった。(里)

関連記事

フォトニュース

  1. 日高の魅力が満載

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る