被災から立ち上がれ

 筆者が日高新報に入社したのが1996年。あれから22年があっという間に過ぎたが、記者になって最初に担当させてもらったのが由良町。そしてその年にちょうどオープンしたのが白崎海洋公園で思い入れがある。白い石灰岩の岩山と青い海は日本のエーゲ海と称されるほどの絶景。公園内にはダイビングプールやレストラン、物産販売、ログハウスなどがあり、2014年には過去最高の16万9000人が来場するなど、町の観光拠点として担ってきた役割は大きい。

 しかし、既報の通りことし9月には台風21号で3度目となる甚大な被害。これを受け町は完全復旧を断念し、ダイビングプールなどがあるメインのクラブハウスの活用方法を見直す方針を固めた。これまで通り億単位の金を投入すれば完全復旧は可能だが、今後また同じような被害に遭う恐れはある。特に近年は異常気象に伴う想定外の被害が多発しており、どんな対策をしても大自然が残る白崎では、被害に遭う危険性をゼロにすることは難しい。関係者のつらく、やるせない心情を察すると軽々しいことは言えないが、完全復旧の断念は仕方ないと言える。

 ただ、白崎海洋公園を観光拠点として活用していくスタンスはこれまで通りで、町としては今後、摂南大学からも協力を得ながら、より一層まちへの経済効果が望めるような事業を展開していきたい考え。これまでもいろいろ試行錯誤してきた中、何をするのがいいのか難しいと思うが、白崎は素晴らしい観光資源であることは間違いない。被災から再び立ち上がり、今回の見直しが将来的に英断だと言われるよう、みんなで知恵を出してまちの活性化につなげてほしい。(吉)

関連記事

フォトニュース

  1. 真っ向勝負!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る