総活躍の地域づくり

 御坊市のファミリー・サポート・センターがオープンから1周年を迎えた。保育園や幼稚園の送迎、外出時の一時預かりなどを保護者に代わり、講習を受講したスタッフ会員が有料で行う子育てサポート。利用者とスタッフが事前に打ち合わせをして顔の見える関係を作り、いざ助けてほしい時に安心して子どもを預けられる。利用者に話を聞くと、本当に助かっていることが伝わってくる。共働き世帯が多いいまの時代、必要な事業であり、女性が社会に出やすい環境を作る一助にもなっている。

 一億総活躍社会の実現がいわれているが、各分野で女性の活躍ぶりは男性を上回っていると感じるのは筆者だけではないだろう。日高地方でも子育て支援、地域交流、地域活性化に取り組んでいる女性グループがたくさんある。ハッピー・ママ・ライフ、HIDAMARI、歩コミ、さわや等々、ユニークなアイデアでさまざまな取り組みを行っていることは紙面でも見ることができる。「女性が仕事や子育てをしやすい環境を作りたい」「子どもたちが楽しめることをやりたい」との純粋な思いが原動力で、行動力は見習うべき点が多い。

 女性や子どもに限らず、そこに高齢者も含めた枠組みができないだろうか。子ども達が集まるサークル活動と、高齢者サロンを合同でやってみるのも一つ。かわいい子どもにお年寄りは笑顔が絶えないだろうし、核家族化の中、子どもたちにとってもいい機会になるように思う。当面、ますます高齢化率は上昇していく。地域で安心して子育てから介護までできる体制を構築することは重要な課題の一つ。子どもと高齢者を結ぶ「きっかけ」をみんなで考え、実行していこう。(片)

関連記事

フォトニュース

  1. ありがとうございます

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る