祭り写真は本紙HPで

 ことしも日高地方の祭りシーズンを迎えた。日高川町担当の筆者は7日が1年で最も忙しくなった。笑い、紀道、長子、下阿田木と4つの祭りが行われる。例年、長子は別の記者に頼み、残る3つを回っていたが、今回は初めて長子を取材した。

 日高川町の祭りはどれも特徴的だが、長子祭の「鬼の追い出し」は中でもさらに特徴的だ。仕切りで手前と奥の2部屋がある小さな小屋の、奥の方に鬼と頭屋が入り、手前の部屋ではたくさんの若衆らが仕切りを背中で押すように詰め掛ける。中には棒を持って勢いよく小屋に入り、仕切りをたたく様子も。しばらくすると小屋の中の若衆らがいっせいに飛び出し、その中に「ささら」で人を払いながら鬼も出てくる。小屋付近で写真を撮ろうものなら、飛び出してきた若衆らに跳ね飛ばされていたかもしれないくらいの勢い。事前に説明を受けていたので、少し高い場所から見物できた。

 下阿田木は奉納相撲。例年同様、歩き始めたばかりのような小さい子から大人までが迫力の取り組みを披露。あっさり勝負か決まって笑い声が響く場面もあれば、大接戦の取り組みもあり盛り上がった。紀道祭では馬駆けが見所。馬場を迫力いっぱいに走る2頭の馬に、観客は大歓声。三百瀬のだんじりにも多くの注目が集まっていた。

 祭りは14日、21日なども日高地方の各地で行われる。日高新報のホームページでは随時、記者が撮影した祭りの写真を公開中。屋台や四ツ太鼓を担ぐ若衆や太鼓をたたく子役、勢いよく駆ける馬、高く上がる幟など迫力のシーンを押さえているので、ぜひチェックを。ホームページは検索サイトで「日高新報」を検索するか、URL「http://www.hidakashimpo.co.jp/news1/」。(城)

関連記事

フォトニュース

  1. 吉兆!? これは珍しい

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る