祭りとハロウィン楽しもう

 日高地方の秋祭りシーズンもいよいよ最終盤を残すのみとなった。各地域ではことしも老若男女、若衆が笑顔ではっちゃける姿が見られたことだろう。「来年の祭りまであと○○○日」なんていう若者のほほえましい声も聞こえてくる。小さい子どもからお年寄りまで、「祭りやな」の言葉でつながれる、どこにそんな魅力があるのだろうか。物心ついたときから祭り大好きな筆者も深く考えたことはなかったが、ひとえにたくさんの人が集まる中での一体感や連帯感なのだろう。ゲームやスマホ、ユーチューブ、娯楽があふれるこの時代でも昔ながらの祭りがすたれないのは、人は根本的に人とのつながりが好きなのだ。

 秋祭りのあと、いまではすっかり定着してきたイベントがハロウィン。20年ほど前、この仕事に就いて、取材で初めて「トリック・オア・トリート」という言葉を耳にしたように記憶している。みなべ町などではかなり前からハロウィンイベントに取り組んでいたが、国内でも注目されるようになったのはここ数年。仮装して渋谷に集まる若者の姿もまた、さながら祭りである。もちろん暴徒化や犯罪行為は許されないが。

 先日開催された「ごぼう商工祭」もテーマはハロウィン。凝った仮装の子どもから大人まで500人が集まって商店街をパレードし、にぎやかで活気にあふれ、楽しい気分にさせてもらった。USJのようにゾンビに追いかけられるイベント、来場者の投票で決めるチームや個人の仮装コンテストなど見物人も一体感が味わえる催しがあっても面白そう。祭り、ハロウィンのように子どもからお年寄りまで楽しめる機会が増えれば、地域コミュニティーの強さにもつながると思う。(片)

関連記事

フォトニュース

  1. 思ったより広いな~

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る