本庶先生より面白い

 カラスの言葉を覚えれば、人間もカラスと会話ができる? そんなドラえもんの道具のような話を、宇都宮大学の塚原直樹特任助教(39)は真面目に研究しており、先日、動物声帯模写芸人と組んだ実験がNHKで紹介されていた。

 結果、都会の公園に群れるカラスとあいさつを交わし、群れをパニックに陥れる鳴き声は見事に成功した。人を笑わせ、考えさせてくれる研究に対して贈られる「イグノーベル賞」に一歩近づいたという。

 イグノーベル賞は、本庶佑京都大特別教授(76)が受賞することになったノーベル賞のパロディー。とはいえ、受賞者はみな真面目な研究者であって、ウケ狙いだけでは受賞できない。

 本家のノーベル賞もそうだが、おバカでキテレツなイグノーベル賞も日本人の活躍が目覚ましい。今年は座った姿勢の大腸内視鏡検査を、自らの体で研究した長野の医師堀内朗氏(57)が医学教育賞に決まり、日本人の受賞は12年連続となった。

 ほかにも、「自分の足が臭いと思っている人の足は臭く、思っていない人は臭くない」(医学賞)、「自分の話した言葉を少し遅れて聞かせることで、迷惑なおしゃべりをやんわり制止する装置の開発」(音響賞)などがある。

 イグノーベル賞はユーモアの分からない一部の学者が反発しているが、人間の好奇心、真理の探究はどれも結果としてそれが面白く、役に立ち、悪用されるのも紙一重。現実にダイナマイトや原子炉、GPSなど、殺戮の軍事技術がもたらした人類への貢献ははかりしれない。

 イグノーベル賞受賞者を突出して多く輩出しているのは、イギリスと日本。創設者いわく、「多くの国が奇人変人を蔑視するなか、この両国は誇りにする風潮がある」。言い得て妙。(静)

関連記事

フォトニュース

  1. 白崎の海って気持ちいいミャー

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る