日高町の鹿ケ瀬峠で紀伊路ウオーク

 熊野古道紀伊路語り部の会(海南市、柴田雄蔵会長)はことし3月から来年5月までの全13回、和歌山から田辺市内までをコースにウオーキングイベント「語り部と歩く 熊野古道紀伊路130㌔」を行っており、17日には第6回として日高地方入りした。愛好家ら約60人が日高町原谷、鹿ケ瀬峠の熊野古道を散策。現存する最長の石畳道に歴史とロマンを感じていた。

 同会は、これまで県が主催するウオークイベントに語り部を派遣するだけだったが、より多くの人に熊野古道の魅力を知ってもらおうと、初めてイベントを企画、主催。第1回から第12回までと番外編があり、各回で2日間の日程を設定した大規模な古道ウオークで、これまで第5回まで行っており、いずれも好評となった。

 第6回となる鹿ケ瀬峠のコースも60人の参加があり、3班に分かれて語り部が案内。全長503㍍の石畳道は熊野九十九王子社を巡りながら熊野三山に参詣するための古道のうち、現存する最長の古道。かつて鹿ケ瀬峠を越える最も近道でありながらも一番の難所とされており、参加者は当時の旅人の苦難に思いをはせながら、熊野の歴史を満喫していた。3年前に東海道を歩いて古道散策に興味を持ったという和歌山市の荒武かづみさん(67)は「このウオーキングには最初から休まず参加しています。鹿ケ瀬峠に来るのは2回目で、石畳に深い歴史を感じます」とにっこり。日高川町土生の中野実さん(73)は「20代から歩き始め、北アルプスにも登った。鹿ケ瀬峠はやはり石畳が魅力ですね」と話していた。柴田会長(75)は、「毎回、イベント開催地の人たちも多く参加してくれています。これまで参加したい気持ちがあったが、その機会がなかったのだと思います」とし、「今回のウオーキングの前には、日高町のボランティア(語り部の会、役場、日高振興局、楽歩会、シルバー人材センター、原谷有志ら)が古道の清掃もしてくれました。下見に来た時には9月の台風21号の影響で倒木などがひどかったですが、見違えるようになりました」と感謝していた。第6回は今月27日にも実施。第7回から11回までは御坊市や印南町など日高地方がコースとなっている。

写真=鹿ケ瀬峠の石畳を歩く参加者

関連記事

フォトニュース

  1. 由良のミカンも使ってます

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る