日本拳法西日本社会人大会 入田選手が優勝

 スポーツニッポンなど主催の第4回西日本日本拳法社会人個人選手権大会が14日、大阪市立東淀川体育館で開催され、和拳連湯浅支部所属で和歌山病院勤務の入田和樹選手(32)=日高川町入野=が、3段以上の強豪が集まる高段の部初出場で優勝を飾った。得意の右ストレートが冴え、全4試合すべて1本勝ち。プロ総合格闘技大会のオファーも届いており、今後の活躍に目が離せない。

 高段の部には西日本を中心に北海道や関東などから実力の高い20人が参加し、トーナメントで争った。入田選手は初戦を得意の右ストレートで勝利すると、準々決勝で九州の選手を内股からの組技で1本勝ち。準決勝は2分の試合時間で勝負がつかず、無制限の延長戦を右ストレートで勝利。決勝も延長戦に入り、ひざ蹴りを決めて栄冠を手にした。

 総合格闘技と両立する格闘家。ことし6月にはプロの格闘技イベントのヘビー級タイトルマッチに初参戦し、見事王者に輝いた。総合格闘技の練習にかたよったまま臨んだ9月の日本拳法全日本個人戦は、まさかの1回戦負け。根っからの負けず嫌いで、1カ月間、週5日を日本拳法の練習に費やして挑んだ今回の西日本大会で見事結果を出した。「どんな大会でもすべて優勝する気持ちで臨んでいますが、練習不足で勝てるほど日本拳法は甘くないことを痛感し、あらためて日本の武道の奥深さも感じました。来年は全日本で優勝を目指したい」とやる気満々。

 総合格闘技のイベントや大会へのオファーが来ており、「まだ正式に試合は決まっていませんが、どこでもどんな相手でも、いつでも戦えるよう、しっかりトレーニングして準備しておきたい」とプロ格闘家としてもさらに高みを目指す。国内の格闘技界から注目されている入田選手の今後の活躍が期待されている。

写真=西日本大会で優勝した入田選手

関連記事

フォトニュース

  1. この野菜はな~んだ?

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る