文化財保護と防災対策の両立

 日高町を担当していて恥ずかしながら天路山城跡(てんじやま・通称比井城跡)のことを知らなかった。ネットで調べると、城は戦国時代の武将で御坊市の亀山城12代城主として知られる湯川直春が築城し、弟の湯川弘春が住んだらしい。場所は比井小学校北西にあり、周辺エリアを含め県埋蔵文化財包蔵地になっている。

 そんな城跡で文化財保護法違反の町道工事が行われていたのは既報の通り。教委によると「当時の担当職員が文化財包蔵地であることを把握してなかった」とし、本来必要な工事の通知をしていなかったため法に抵触。しかも、本丸、二の丸、土居の一部を破壊した。担当職員の責任は重いが、一人の判断に委ねていた体制や町としての文化財保護に対する意識の低さにも問題があったと言える。

 ただ、この町道は津波の避難路としても活用したい考え。現在、工事はストップしており、今後、文化財の発掘調査などが必要になった場合は、さらに1、2年にわたり中断、完成が遅れる可能性があるが、近年発生が予想される巨大地震に備えて防災対策は待ったなしである。

 文化財保護と人の命のどちらが大事かと言えば当然、命ということになろうが、だからと言って文化財保護をないがしろにしていい理由には当然ならないし、最初から法に基づき処理していればこんな遅れはなかった。壊してしまった文化財は元には戻らず、今後いかに保護に努めていくかが課題。町はこの機会に天路山城跡を広く周知してより一層保護意識を高めながら、なおかつ町道工事のスムーズな進捗(しんちょく)にも全力を挙げて取り組んでいただきたい。(吉)

関連記事

フォトニュース

  1. 梅業界の発展を願って

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る