文化財保護と防災対策の両立

 日高町を担当していて恥ずかしながら天路山城跡(てんじやま・通称比井城跡)のことを知らなかった。ネットで調べると、城は戦国時代の武将で御坊市の亀山城12代城主として知られる湯川直春が築城し、弟の湯川弘春が住んだらしい。場所は比井小学校北西にあり、周辺エリアを含め県埋蔵文化財包蔵地になっている。

 そんな城跡で文化財保護法違反の町道工事が行われていたのは既報の通り。教委によると「当時の担当職員が文化財包蔵地であることを把握してなかった」とし、本来必要な工事の通知をしていなかったため法に抵触。しかも、本丸、二の丸、土居の一部を破壊した。担当職員の責任は重いが、一人の判断に委ねていた体制や町としての文化財保護に対する意識の低さにも問題があったと言える。

 ただ、この町道は津波の避難路としても活用したい考え。現在、工事はストップしており、今後、文化財の発掘調査などが必要になった場合は、さらに1、2年にわたり中断、完成が遅れる可能性があるが、近年発生が予想される巨大地震に備えて防災対策は待ったなしである。

 文化財保護と人の命のどちらが大事かと言えば当然、命ということになろうが、だからと言って文化財保護をないがしろにしていい理由には当然ならないし、最初から法に基づき処理していればこんな遅れはなかった。壊してしまった文化財は元には戻らず、今後いかに保護に努めていくかが課題。町はこの機会に天路山城跡を広く周知してより一層保護意識を高めながら、なおかつ町道工事のスムーズな進捗(しんちょく)にも全力を挙げて取り組んでいただきたい。(吉)

関連記事

フォトニュース

  1. 海の勇者が愛したキンセンカ

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る