御坊市ファミサポ オープン1年

 御坊市のファミリーサポートセンター「そらまめサポート」は、昨年10月のオープンからちょうど1年が経過し、利用状況をまとめた。利用会員は131人が登録しており、当初の目標だった1年で100人を見事に突破。地域の子育て支援の拠点として定着している。本年度からは日高町、日高川町も事業に参画しており、今後は広域の子育てサポートの中心的存在として利用が一層増えそうだ。

 ファミサポは、御坊小学校北校舎1階に事務所があり、保育園や習い事の送迎、急な発熱時の病院への送迎など利用会員のニーズにスタッフ会員が応える制度。そらまめサポートではオープン当初から利用会員とスタッフ会員合わせて100人を目標にしていたが、利用会員だけで目標を達成。スタッフ会員は50人、両方に登録している会員10人で、合計の登録者は目標のほぼ2倍となる191人となった。

 利用件数は昨年10月10日のオープンから9月25日現在で326件。最も多かった月は昨年12月の63件で、次いでことし4月の44件。夏休みの8月は14件と少なかったが、平均的に20~30件の利用があり、着実に地域に浸透していることをうかがわせている。

 サポートの内容は未就園児の預かりが158件と最も多く、ほか保育施設までの送迎45件、習い事の送迎30件、保育施設の保育終了後の預かり26件。ほかにも休日の預かり、買い物に出かける間の預かり、出産時のきょうだいの預かりなど。「台風の停電で保育園が臨時休園になったため子どもを預かってほしい」「子どもが発熱したので保育園に迎えに行ってほしい」など緊急のニーズにも対応している点が利用者増の要因の一つとなっている。件数には含まれないが、サポートセンター隣に開設している保育ルームの利用も増えており、子育て世代の交流の場としても活用されている。

 そらまめサポートでは「すべてのニーズに応えられるよう、スタッフ会員をもっと増やしていきたい。参画いただいた日高町と日高川町の利用会員がまだ少ないので、子育て包括支援センターと連携してもっと増やしていきたい。利用する、しないに関わらず、いざという時のお守りとして気軽に登録しておいてください」と呼びかけている。

 利用は地域を問わず、詳しい問い合わせは同サポート℡0738―20―9012。

写真=子育て世代の交流の場にもなっている保育ルーム

関連記事

フォトニュース

  1. キャラメル味やで~

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. B29へ決死の体当たり 欧州で第2次世界大戦が始まったのを受け、米軍は1939年(昭和14)11月…
  2. 3月17日の神戸大空襲に遭遇 アニメ映画化された野坂昭如の小説「火垂るの墓」、手塚治虫の「アド…
  3. 大阪空襲の直前に帰郷 印南町山口に生まれ、現在は美浜町吉原(新浜)に住む芝﨑シヅヱさん。父五郎右衛…
  4. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  5. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る