地元勢の優勝争い見たい

 高校球児が甲子園に憧れるように、高校サッカーでは多くの選手が年末年始に行われる選手権大会出場を大きな目標にしている。高校野球は全国大会に出場すれば甲子園球場でプレーできるが、高校サッカーの場合、聖地・国立競技場のピッチに立てるのは準決勝以上の4チームのみ。まさに選ばれし選手たちだけが経験できる夢舞台を目指し、ことしも全国各地で予選が始まっている。和歌山県予選は26日から開幕。上位は実力伯仲で、頂点に立って全国大会に出場するチームはどこか、楽しみだ。

 日高地方からは日高、紀央館、和歌山南陵の3校が出場する。昨年は南部、和高専も参戦し5校の出場だったのでことしは寂しい限りだが、その分、3校が盛り上げてくれることに期待したい。ことしで97回を迎える歴史の古い大会の中で、実は日高地方の学校が全国大会に出場したことはいまだにない。ここ20年間で県予選を制したのは初芝橋本、近大和歌山、和歌山北の3校しかない。強豪の一角を崩すシーンを見たい、そんな思いを持つ地元ファンはたくさんいる。

 日高地方も小学生サッカーは盛んで、能力の高い選手はたくさんいるが、中学でサッカーができる環境は減る。和歌山市や田辺市のクラブチームに所属する選手は増え、高校ではさらに進学先がばらける。小学生のプレーを見ていて、「この子たちが高校でも一緒の学校に集まってプレーしたら面白いのに」という声はいまだに根強い。まず中学世代の受け皿を広げる仕組みが必要だろうし、小中高の選手たちが一緒に練習する環境があっても面白い。勝ち負けがすべてではないが、地元勢が優勝争いに加わればサッカー人口増にもつながるだろう。(片)

関連記事

フォトニュース

  1. 皆さん、頑張ってください

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る