全日本空手道選手権 前田選手は悔しい5位

 直接打撃制(フルコンタクト)空手の体重無差別日本一を決める第50回記念オープントーナメント全日本空手道選手権大会(NPO法人全世界空手道連盟新極真会主催)が13、14日、エディオンアリーナ大阪で開かれ、優勝候補に挙がっていた新極真会和歌山支部御坊道場の前田勝汰選手(25)=美浜町和田=が準々決勝でまさかの敗退。5位入賞に終わった。

 男子は2014年の第46回大会以降、重量級の島本雄二選手(28)=広島支部=と入来建武選手(23)=東京城南川崎支部=の2強が決勝で対決。前田選手はおととし、昨年とこの2人に次ぐ3位に入り、昨年の世界ウエイト制軽重量級では優勝しており、今回は4年に及ぶ「島本・入来時代」に終止符を打つ存在として注目されていた。

 今大会は104人が出場し、第3シードの前田選手は4回戦まで3試合は問題なく勝ち上がり、続く準々決勝は昨年の世界ウエイト制軽量級王者の岡﨑陽孝選手(21)=千葉南支部=と対戦。序盤から得意の突きの連打で相手を圧倒したが、自分より小柄な岡﨑選手の顔面にパンチが入ってしまうミスが重なり、減点が響いて悔しい判定負けとなった。

 結果、上位4人に与えられる来年11月の無差別世界大会出場権は獲得できず、大会を制したのは2年連続で重量級の島本雄二選手。会場に駆けつけた和歌山の応援団からは「勝ってた」「もったいない…」という声も聞かれたが、前田選手本人は「岡﨑選手とは初対戦でしたが、ディフェンスがすごく上手で、パンチが流れてしまいました。結果は実力の差です」。来年5月には無差別世界大会代表選考を兼ねた階級別全日本大会があり、「反省して鍛え直し、今度は優勝して世界大会に出場したい」と前を向いた。

写真=突きと蹴りのコンビネーションで相手を圧倒する前田選手(準々決勝)

関連記事

フォトニュース

  1. ぜひ皆さんで食べてください

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…
  2. B29へ決死の体当たり 欧州で第2次世界大戦が始まったのを受け、米軍は1939年(昭和14)11月…
  3. 3月17日の神戸大空襲に遭遇 アニメ映画化された野坂昭如の小説「火垂るの墓」、手塚治虫の「アド…
  4. 大阪空襲の直前に帰郷 印南町山口に生まれ、現在は美浜町吉原(新浜)に住む芝﨑シヅヱさん。父五郎右衛…
  5. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る