仏の美術展で田中さんの日本画入選

 美浜町和田の田中美惠さん(68)が制作した日本画が、歴史と伝統のあるフランス芸術家協会主催の美術展、第229回「ル・サロン2019」で入選した。4度目の挑戦で初の快挙。「コツコツやってきたことが実を結んで、うれしいです」と喜んでいる。同展は来年2月13日から17日まで、パリのシャンゼリゼにあるグラン・パレで開かれる。

 ル・サロンは、350年以上の歴史を持つ世界最古の公募展。17世紀にルイ14世の布告で始まった王立絵画彫刻アカデミー(現フランス学士院)の作品展を受け継ぎ、ルノワール、ミレー、モネら歴史的に有名な画家もル・サロンで名声を勝ち得てきたという。

 田中さんは高校時代に美術部に所属。日本画は三十数年前に御坊市の公民館講座を受講したことがきっかけで始めた。戸根騏一郎さん(日高川町)の指導を受け、ひなげし会に所属して活動。現在は美浜町文化協会・日本画群青の会会員で、独自に制作活動を続けながら御坊市展日本画の部の審査員も務めている。今回の受賞作品は「春野」。10号F(53×45・5㌢)の大きさで、散歩途中に見かけたアケビの花にクマバチが飛んできたところを描いている。ハチの大きさのバランスなどに苦心したという。以前は大作も手がけていたが、最近は10号前後の小品が中心。数年前から、10~50号が対象のル・サロン展に出品していた。「入選などは無理と思っていたので、知らせを受けても実感が湧きませんでした。今は一人で試行錯誤しながら描いていますので、作品も誰かに『これでいい』と言ってもらうのではなく自分でOKを出さねばならず、本当にいいのかどうか不安でした。私のスタイルで描いた作品が認めていただけて、とてもうれしいです」と喜びを話している。

写真=入選作品の「春野」

関連記事

フォトニュース

  1. 由良のミカンも使ってます

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る