みなとフェスタ よしもと芸人に大笑い

 御坊市と市観光協会の宮子姫みなとフェスタが14日、塩屋町の日高港で開催され、秋晴れのもと1万7000人(主催者発表)でにぎわった。物産やPRテントが44店並び、ステージではよさこい踊りやハワイアンフラ、天音太鼓などが披露され活気があふれた。7代目宮子姫の時代行列が人気を集めたほか、メインのお笑いステージでは人気芸人の鉄板ネタに大爆笑し、笑顔いっぱいのひとときとなった。

 オープニングで柏木征夫市長や山田勝人市議会議長らがあいさつし、市少年少女発明クラブの牛乳パックを使った発明コンテストの表彰式も行った。

 ステージ発表は市のステキ体操GOGOGOBOからスタート。市民吹奏楽団の演奏、南塩屋若中は四ツ太鼓や獅子舞で盛り上げた。日舞清姫会の踊り、ハレ45スタジオのハワイアンフラ、夢屋舞組など3連のよさこい踊り、にしゆきコンサート、天音太鼓、MARUCHANSのアコースティックライブに続いて、最後はメインのよしもとお笑いステージ。和歌山住みます芸人わんだーらんどに続いて2番手は、日高川町鐘巻出身の石倉智喜さんがボケの「マドンナ。」が登場。地元ネタで笑いを誘った。ビコーンはものまねや体を張った大道芸ネタで笑わせ、トリは2700。テンポのいいリズムネタに笑いが絶えず、最後は「右ひじ左ひじ」の鉄板ネタで観客の子どもも飛び入り参加して爆笑でエンディングとなった。

 恒例の時代行列も人気で、7代目宮子姫の野口美晴さん(21)と弓場蝶乃さん(21)、男官、女官役の河南中生徒や塩屋小児童が会場内を練り歩き、多くの人がカメラやスマホで撮影する姿が見られた。会場では御坊日高の名産やグルメ、パートナーシティ協定を締結している徳島県阿南市の物産、PRテントがずらりと並び、多くの人だかりができる人気ぶり。海洋環境船「海和歌丸」の船内見学も行列ができ、市消防の消防車乗車体験も好評だった。初めて来たという女性は「にぎわっていて楽しい。お笑いが面白くていい時間を過ごせました」と笑顔で話していた。

写真=2700と飛び入りの子どもでお笑いステージは大爆笑

関連記事

フォトニュース

  1. 御坊の子に早く会いたいです

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 煙樹ケ浜フェスティバル

    8月 31 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る