ごぼう商工祭でハロウィンパレード

 ハロウィンをテーマにした「ごぼう商工祭2018」が27日、御坊市本町商店街で開催され、好天にも恵まれ多くの人が来場してにぎわった。メインのハロウィンパレードでは、かわいく仮装した子ども、凝ったメイクや衣装の大人まで約500人が商店街をダンスしながら練り歩き、昭和のころの商工祭を思い起こさせるにぎわいとなり、大いに盛り上がった。

 昼パレードは午後1時からスタート。御坊小学校正門前にはさまざまな仮装をした500人がずらりと並び、本町商店街を2チームに分かれて歩き、ダンスパフォーマンスを披露するなどして盛り上げた。子どもたちはピーターパン、ドラキュラ、ミニオン、スーパーマリオ、ゲゲゲの鬼太郎、アラレちゃんなどテレビでおなじみのキャラクターに扮し、かわいい姿に沿道の見物人は目を細めていた。大人は凝った仮装が目立ち、メイクを施したゾンビやポリス、スパイダーマンなどユニークに変身して子どもたちに続き、商店街をジャック。商店主も仮装してハロウィンの雰囲気たっぷりで、「トリック・オア・トリート(お菓子をくれなきゃいたずらしちゃうぞ)」と言う子どもたちに菓子を配った。来場者は「商店街にこんなに人が集まるのは、久しぶりに見ました」とにぎわいに笑顔いっぱいで話していた。午後5時からの夜パレードも活気があふれた。

 御坊日高のおいしい食などが集まる「うまいもんマルシェ」は18店がテントを張り、行列ができる人気ぶり。同時開催の紀州地酒フェアも飲み比べする人でにぎわっていた。メインステージでは和歌山南陵高校空手部の演技、フラメンコ、沖縄エイサー、ダンススタジオのメンバーによるダンスパフォーマンスなどが披露された。ミュージックフェスティバルでは各バンドのライブで盛り上がり、ふわふわ遊具やポン菓子、ハロウィンアート作りは子どもたちに好評だった。紀州鉄道ハロウィン列車も満席の人気。高校生おんぱく部のキャップアートも多くの人の協力で完成、展示され、見物客らが眺めていた。

 ハロウィンをテーマにした商工祭は昨年初めて開催され、あいにくの雨のため終了時間を繰り上げるなどしたが、ことしは大にぎわいとなった。

写真=仮装集団がハロウィンパレードに出発

関連記事

フォトニュース

  1. こらこら、やめなさいっていうの!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る