興味深かった大河原作者の講演

 作家の林真理子さんが講師を務めた市民教養講座を取材した。これまでに読んだ林さんの著書は「着物の悦び」「幸福御礼」の2作。とても面白かったが、あまりに有名な作家なので逆に積極的に読む気にならないまま今に至っていた。だが講演を聴いてみると、NHK大河ドラマ原作「西郷どん!」を今すぐ読みたい気持ちがふつふつと湧き起こってきた◆冒頭で、和歌山出身の作家有吉佐和子を「大好き」と言って下さった。そういえば「着物の悦び」の中で名作「真砂屋お峰」についても書かれていたと思い出し、古い作品も丹念に探して集めている有吉ファンとしては一挙に親近感が湧いた。幕末好きなので、「西郷どん」は多大な興味を持って見ている。制作の裏話が気取らない口調で語られ、内容に関する逸話も数多く紹介された。近藤春菜演じる愛すべき元気な仲居「お虎どん」は、ドラマでは片思いだが史実ではれっきとした西郷の愛人で、「豚姫」という愛称があった。「西郷と豚姫」と題して歌舞伎にもなっている。また奄美大島での妻・愛加那との息子菊次郎は京都市の2代目市長。原作「西郷どん!」は、京都市役所の場面から始まる。西南戦争で右足を失い、義足をつけた西郷菊次郎市長がフロックコートで登場する◆ドラマはこれから江戸城無血開城、明治政府樹立、そして西南戦争へと進んでいく。「17、18歳の子たちが大勢命を落とした」西南戦争について「胸が締め付けられる」と思いを述べ、最終回は泣きながら執筆したと明かした。小説に大切なのは筋道立った理論だけでなく、登場人物を巡る「情」が核になっていることではないか。「西郷どん」が終盤へ差し掛かる前に、「西郷どん!」をぜひとも読まなければと気を逸らせている。(里)

関連記事

フォトニュース

  1. 光りの向きはこっちやから…

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 南部梅林

    2月 1 @ 12:00 AM - 3月 1 @ 12:00 AM
  2. ごぼうまちゼミ

    2月 8 @ 12:00 AM - 3月 15 @ 12:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る