梅ラボキャラのラインスタンプ発売

 東京にみなべ町商工会が出店しているアンテナショップ「わかやま紀州館みなべ下北沢ベース ミューム・梅ラボ」を運営する田辺市の㈱ホワイトスペースは、通信アプリLINE(ライン)スタンプを作製した。梅ラボのマスコットキャラクターが3人登場し、「ええわらよ」などと方言を入れた16種類。ホワイトスペースは「スタンプを通じて広くみなべをPRしたい」と話している。

 キャラクターは「うめじ」「こうめこ」「男山さん」の3人。「うめじ」はみなべ町出身で、2Lサイズの梅干し。口癖は唐突に紀南地方の方言「ほいてよ(それでね)」と言い出すこと。「こうめこ(複数)」もみなべ町出身。小梅Mサイズの梅干しで、口癖は「かまんよ~(大丈夫だよ~)」と寛容の精神の持ち主。「男山さん」は身にまとっているご飯はアクセサリーで、実体は南紀男山焼のお茶碗部分。「うめじ」「こうめこ」の兄貴分的存在。スタンプにはそれぞれのキャラクターが使われ、「食べよしよ~」「なっとうすら?」「いこらよ~」などという方言が入っている。LINEストアで販売されており、16種類セットで120円。関係者は「広くスタンプを使用してもらい、梅や産地に興味を持ってほしい」と話している。

 わかやま紀州館みなべ下北沢ベースミューム梅ラボは2017年6月24日に国の補助金を活用してオープン。県が東京・有楽町に開設しているアンテナショップ「わかやま紀州館」の姉妹店。小田急線・京王井の頭線の下北沢駅北口を出て、徒歩2分ほどの商店街にあり、特産の梅をはじめとした地場産品の販売、みなべ町や日高地方の情報発信拠点となっている。

写真=作製したラインスタンプの16種類

関連記事

フォトニュース

  1. 傘差しや並進はせんといてね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る