日高高校で来月、災害時FM局設置訓練

災害発生時に被害状況や避難者情報などをラジオのFM放送で発信するための臨時災害放送局の設置訓練が、10月29日に日高高校を会場に行われる。訓練は県内各地で同様の放送局開局を目指している県情報化推進協議会(WIDA・ワイダ)を中心に、日高高校の生徒も原稿作製やアナウンサーとして参加。スムーズな進行と電波がどこまで届くかなどを調査する。

 臨時災害放送局は災害が発生した際にのみ、簡易な機材などを使って開局し、給水車の配水時間など被災者に有用な情報を発信。東日本大震災や熊本地震では多くの自治体が開局し、住民に情報を送った。

 ワイダは和歌山大学やNHK和歌山放送局などで組織。有事の際、スムーズに臨時放送局を開設できるよう、県内のFM局がない地域で訓練を実施。これまで海南や串本で行ってきており、本年度は御坊市と紀の川市で行う。

 災害時の放送局は市町村が開局する必要があるが、人材不足が発生すると想定し、ワイダの訓練では高校生が主体となって情報収集や原稿作製を実施。29日は有志の生徒が参加し、避難所の開設場所や給水車の配水時間など仮定の情報をもとに、原稿作りやアナウンスを担当。今月12日には訓練に向けた事前研修があり、NHK大阪放送局の地域情報ラジオ番組「関西ラジオワイド」のパーソナリティーを務めているアナウンサーの住田功一さんが講師となり、災害時、被災者にとってどういった情報が必要かなどを説明。事前研修は10月17日、26日にもあり、原稿の書き方などを学ぶ。

 今回の日高高校での放送局設置は訓練のため、実際の災害発生時は、御坊市がワイダの協力を受けて、放送局を開局していく方向で検討を進めている。

 29日は日高高校が毎年実施している大規模な防災訓練「防災スクール」があり、周辺住民や小学生、園児らが同校に避難してくるほか、さまざまな防災体験も実施。津波サミットで来日中の外国の高校生らも参加する。

写真=訓練へ事前研修を受ける日高高生

関連記事

フォトニュース

  1. この生命力にあやかりたい

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る