日高川町愛川地区で停電続く

 日高川町の愛川(あたいがわ)地区では、11日正午現在、依然として停電が続いている。住民の中には発電機を使って電力を確保している人もいるが、高齢者を中心に不便な生活を強いられており、乾燥機を使えないため稲刈りもできず、農家らは頭を抱えている。

 愛川の小字愛川地区12軒と李(すもも)地区22軒では、強風の影響で電柱が数本折れるなどの被害があり、関電のホームページには記載されていないが、4日の昼から停電が続いている。関電は発電機を貸し出しているが、地区内では停電以降、室内で自家用の発電機を動かし一酸化炭素中毒を起こした人もおり、利用は2機のみ。

 李地内の福本展一郎さん(70)宅には10日に発電機が届けられた。「まずは夜の明かりに使いました。朝になってからは洗濯機や炊飯器に使っています。いままで吉備のコインランドリーまで行っていたので少しは助かりますが、早く復旧して冷蔵庫を使いたい」と話す。発電機は予備燃料も含め最長24時間程度使えるが、定期的にガソリンスタンドに行く必要がある。

 李地区の井原崇区長(65)は「携帯電話も使えないので、情報がまったくこない。車で移動しながら携帯の電波を探し、なんとか通信している。高齢で車がなく食べ物に困っている人もいる。農家は稲刈りの時期だが、米の乾燥機が動かないので、取り掛かることができない。電気柵も使えず、サルに荒らされているところもある。11日から電力会社がやっと入ってくれたので、早く復旧してほしい」と願うが、一方で「電柱の部品が届くのが14日以降なので、復旧もそれ以降という情報もある」と不安をにじませている。

 町では高齢者を中心に保健師の個別訪問を実施したほか、11日の夕食から停電世帯の高齢者14軒に弁当の配達を行っている。

写真=発電機(足元)を使って洗濯機を動かす家庭も(李地区)

関連記事

フォトニュース

  1. 前から失礼いたします

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町第3回納涼夏祭り

    8月 25 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る