文字に託して心を表現

 先月、「字遊展」と題してユニークな書展が日高川交流センターで開かれた。決して大きな展示会ではない。廊下の壁に子ども達の作品を展示したささやかな作品展だが、その企画が面白い◆日高川町、大前書院の生徒達の作品で、テーマは「数えるを楽しんで」。自分の好きなものを数える数詞を選び、即興で伸び伸びと書く。リンゴでも本でも座布団でも花でも、すべて名詞に「s」をつければ済む英語と違い、日本語には「個・冊・枚・輪」など数えきれない数詞がある。いろんな言葉を覚え、自分のものにしつつある子ども達が、身近に感じられる物、好きな物に、言葉を通じてより理解を深めていく◆子ども達の創作意図が、一言のコメントで添えられているのも面白い。鳥を数える「羽」。飼っている鳥をイメージしたということで、2羽の鳥が並んで止まり木に止まっているような、ふわっとした形で書かれている。何にでも使える「こ(個)」だが、イチゴを数えると決めた子は、丸みを持たせて粒立った「こ」。小さく、幾つも紙いっぱいに書かれた様子はイチゴが並んでいるよう。電車が好きな男の子たちは「両」。その文字はちゃんと横に長く、箱型の車両に見えてくる。意表をつく「世」は、物語に出てくる一世、二世。ヨーロッパの貴族だろうか。すごいと思ったのは「叢」。入道雲を数えたという。そんな数え方があったとは知らなかった。回転しているような角度で書かれた「群」は、ロマンチックに星を数えている◆手書きの文字の形には、表情がある。気持ちを込められる。文字の正しい形を学ぶ習字とはまた違う、それは芸術の始まりかもしれない。心を遊ばせ、自分の気持ちを自由に表現する術を早くから手中にできるのは、幸福なことだと思う。(里)

関連記事

フォトニュース

  1. 主産地は平年並みです

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る