文字に託して心を表現

 先月、「字遊展」と題してユニークな書展が日高川交流センターで開かれた。決して大きな展示会ではない。廊下の壁に子ども達の作品を展示したささやかな作品展だが、その企画が面白い◆日高川町、大前書院の生徒達の作品で、テーマは「数えるを楽しんで」。自分の好きなものを数える数詞を選び、即興で伸び伸びと書く。リンゴでも本でも座布団でも花でも、すべて名詞に「s」をつければ済む英語と違い、日本語には「個・冊・枚・輪」など数えきれない数詞がある。いろんな言葉を覚え、自分のものにしつつある子ども達が、身近に感じられる物、好きな物に、言葉を通じてより理解を深めていく◆子ども達の創作意図が、一言のコメントで添えられているのも面白い。鳥を数える「羽」。飼っている鳥をイメージしたということで、2羽の鳥が並んで止まり木に止まっているような、ふわっとした形で書かれている。何にでも使える「こ(個)」だが、イチゴを数えると決めた子は、丸みを持たせて粒立った「こ」。小さく、幾つも紙いっぱいに書かれた様子はイチゴが並んでいるよう。電車が好きな男の子たちは「両」。その文字はちゃんと横に長く、箱型の車両に見えてくる。意表をつく「世」は、物語に出てくる一世、二世。ヨーロッパの貴族だろうか。すごいと思ったのは「叢」。入道雲を数えたという。そんな数え方があったとは知らなかった。回転しているような角度で書かれた「群」は、ロマンチックに星を数えている◆手書きの文字の形には、表情がある。気持ちを込められる。文字の正しい形を学ぶ習字とはまた違う、それは芸術の始まりかもしれない。心を遊ばせ、自分の気持ちを自由に表現する術を早くから手中にできるのは、幸福なことだと思う。(里)

関連記事

フォトニュース

  1. 海の環境を守ろう!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る